読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

桜色の春をこえて

あらすじ

「あたしの家にくればいいよ?それで全て解決でしょ」高校入学とともに一人暮らしをはじめるはずが、手違いにより部屋を失った真世杏花に救いの手が差し伸べられる。救い主の名は澄多有住。杏花の同級生でもある彼女は、かわいい名前に反してぱっと見は不良、停学歴アリ。一緒に暮らし始めても無愛想でわがままでおまけに生活能力もない。杏花は折り合いをつけるのに難儀するが、時折ちょっとした優しさやかわいげが垣間見え…。これってもしかして、ツンデレ?二人の少女が織りなす、感動の同居×青春ストーリー。

桜色の春をこえて (電撃文庫)

桜色の春をこえて (電撃文庫)

雑感

あらすじからも漂う女の子同士の百合の雰囲気に誘われて購入。百合パーセンテージは高く、方向性としてはほんわか百合。ドキドキするタイプの作品ではなかった。

最初から最後までほろ苦い青春を貫いていたなぁというのが単純な感想。1冊完結で内容的にも起承転結が綺麗にできているのでとても読みやすい作品。主題は女子高校生と家族の絆、トラウマ。だからなのか、すごく少女漫画のような印象を受けたし、MW文庫的という人もいるのも納得で、エンターテイメント要素は少なかったかなと。その分作品の主題に関しては丁寧に過去と現在と未来を1本の筋にして描かれていたかな。

「大切なもの」についても主に書かれていたのがかなり好きで、王道ながらも気に入ったシーンは、真世・澄多の同居生活が終わりに向かい、また1人暮しを開始した時の真世のココロに隙間ができてしまっているあたり。各キャラがなにを大切にしたいのか、真世・澄多が相互に相手になにを大切にして欲しいかとか描かれてたのがすごく好き。

中盤あたりから始まる真世・澄多夫婦の日常にほんわかしながら、「大切なもの」の存在に満足できたいい作品でした。