読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕たちは監視されている

あらすじ

内容(「BOOK」データベースより)
「IPI症候群」と呼ばれる病の治療者「IPI配信者」として、小日向祭は自活しながら日々騒がしい高校生活を送っていた。そこに、同じく「IPI配信者」であるテラノ・ユイガが転校してきたことにより、祭たちの高校生活は波乱含みの変化を余儀なくされていく…。親友の一葉も交え、思春期の心が織りなす友情と秘密の近未来青春ドラマがはじまる。現代社会への寓意も込められた、第1回『このライトノベルがすごい!』大賞金賞作品。

僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫)

僕たちは監視されている (このライトノベルがすごい!文庫)

雑記

1章で無知な人をメインに立てて、感覚を変えないとIPA症候群とIPI配信者がどういうものなのか分からないんだよって世界観の解説してるわけなんだけど、作品途中では患者と治療というよりも娯楽コンテンツとしての意味合いが強すぎたかな。現代に置き換えるとどう考えてもニコ生で意識がそっちに向いてしまっていたのもあるかもしれないけど、「患者のためにやっているんだよ!」ってのが言葉でのみ記されてるだけで実被害の表現がなかったのはもったいなかったのかも。
タイトルには監視とあるけど、監視とは意味合いがズレているか。注目されているなのかな。

作品としては話の掛け合いと、人との交流に壁を持たざるえない少年少女の青春が魅力。やけに自己保身に走ることに対して厳しかったのが気になるところ。ちょっとチグハグなところはあったけど後半はかなり作品にのめり込んだので青春の疾走感よかったです。