読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2009年 百合ライトノベル について

作品ラインナップ

自分の把握している範囲での百合ライトノベルが以下の通り。百合いんでっくすという百合作品のリスト作っているサイトを参考に確認してみたけど、おおよそはカバー出来ているはずです。

  • 未読範囲

雑感

 電撃文庫富士見ファンタジア文庫MF文庫Jというライトノベルのメジャー所?はあまり百合雰囲気のある作品は出てこないね。スニーカー文庫もでてないか。それに比べると、一迅社文庫ガガガ文庫が多めですね。でもこれは作者別で見ると、ガガガ文庫中里十さんと一迅社文庫瑞智士記さんあたりがしっかりと出してくれていただけであって、やはり全体数は少なめ。百合要素を少し散りばめただけの作品まで範囲を広げてを探せばかなりの数は出てくるんですよね。ラノベ部MF文庫J)とかC3‐シーキューブ電撃文庫)とかも要素はあるけどメインではないですしね。
 
 私の観測範囲(おもにtwitter)で話題になってたのはやはり中里さんの「いたいけな主人」か「君が僕を」、または瑞智さんの「あまがみエメンタール」か「あかね色シンフォニア」だったかなと思います。この2人が新作を出すと百合なんだろうという期待があって読むためでしょうね。私もそうですが。今後も期待したいです。

個人的一押し

 2009年の百合ライトノベルで私が一番印象に残ったのは、384,403km―あなたを月にさらったら (ティアラ文庫)ですね。作品の後半に結ばれた2人のイチャラブが存分に書かれていたのがすごく良かったです。
 それと、おすすめしたいのは友だちの作り方 (HJ文庫です。こちらはどちらかと言えば青春ガールミーツガールなお話で、物語の優しい雰囲気がとても良く、読了感がすごくきれいで癒されました。

最後に

 2009年を振り返ってみると、全体数はさほど多くなかったと感じました。これから増えるかどうかも怪しいですが、もっと百合作品を書いてくれる作者が出てくれることを期待したいですね。あと、おすすめの百合ライトノベル等ありましたらぜひ教えてください。

それでは良いお年を。