読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

断章のグリム5,6


5,6で上下巻。読んでいて軽く恐怖を感じる文章なのはさすがでした。
今回は前巻までとは違う解決になっていたのが印象的。
登場人物の精神と死の描写が独特で、文に引き込まれます。
甲田さんの作品は、前作Missing含めどれも大好きです。

他にいくつか評価を読んでみたら、「最後の赤ずきん」の伏線があったことを忘れていた